本文へジャンプ

日立化成オートモーティブプロダクツ株式会社

Hitachi Chemical

1974年 九州日立化成工業(株)設立(資本金1億円)
1975年 「射出成形工場」新設
1977年 営業開始(資本金2億円に増資)

日産自動車(株)殿向け「ダットサントラック用インストパネル」の生産・納入開始
1980年 福利厚生施設として「厚生棟」新設
1981年 「FRP工場」新設(資本金3億円に増資)

成形機(1,500トン2台、500トン1台)・塗装設備を新設、「SMC成形品」の成形・塗装・仕上の一貫生産体制確立

日産自動車(株)殿向け「サファリ用キャノピー」の生産・納入開始
1985年 「発泡成形工場」新設

「精密転写成型法」による「ダットサントラック用インストパネル」の生産開始
1987年 「射出成形機(2,200トン)」を設置
1988年 「発泡成形工場」増設

「超深絞り真空成形法」による「シルビア用インストパネル」の生産開始
1989年 「本館事務所」・「製品倉庫」新設
1990年 「SMC製造プラント」新設、材料・成形一貫生産体制確立
1991年 FRP工場に「クラスA上塗り塗装設備」新設(資本金4億円に増資)
1992年 インストパネル用「三次元CADシステム」導入

金型制作設備を整備:マニシングセンタ、NC放電加工機、CAD/CAMシステム
1994年 大型射出成形機(1,450トン・850トン)に「ガスインジェクション装置」を導入
1995年 小型単独処理浄化槽等住宅環境製品の生産開始
1996年 小型単独処理浄化槽のJIS取得、家庭合併処理浄化槽の生産開始
1997年 「大型ブロー成形機」導入、エアースポイラーの工法拡充
(ニーズに応じてSMC成形・射出成形・ブロー成形の3工法での対応可能)
1999年 住宅環境製品を福山日立化成工業(株)[現(株)ハウステック]へ移管
2000年 トヨタ自動車(株)殿向け「ハリアー・クルーガー用インスト部品」納入開始

日産自動車(株)殿向け「X-トレイル用インストパネル、スポイラー、フロアーボード」生産・納入開始
2001年 日立化成オートモーティブプロダクツ(株)に商号変更
2002年 日産自動車(株)殿向け「ムラーノ用バックドアモジュール品」の生産・納入開始

バックドアモジュール品の「シンクロ納入管理システム」導入

「射出成形機(1,300トン)」増設
2003年 日産自動車(株)殿向け「X-トレイル用ビックマイナーチェンジ品」の生産・納入開始
2004年 日産自動車(株)殿向け「ラフェスタ用バックドアモジュール品」の生産・納入開始
2006年 日立化成オートモーティブプロダクツ(株)より茨城事業所を分離
2007年 「射出成形機(3,500トン)」導入

日産自動車(株)殿向け「Xートレイル用フルモデルチェンジ品」「ムラーノ用フルモデルチェンジ品」の生産・納入開始

日産自動車(株)殿向け「ローグ用コンソール品」の生産・納入開始
2008年 トヨタ自動車九州(株)殿向け「レクサス用スポイラー品」の生産・納入開始
2010年 日立化成(株)下館事業所の自動車部門を統合

茨城県筑西市に日立化成オートモーティブプロダクツ(株)関東事業所を新設
2013年 日産自動車(株)殿向け「Xートレイル用バックドアモジュール品」の生産・納入開始
2015年 日立化成オートモーティブプロダクツ(株)関西事業所を新設
(新神戸プラテックス(株)と合併し、3事業所体制となる)
2016年 日産自動車(株)殿向け「スカイライン用トランクリッド」の生産・納入開始

日産自動車(株)殿向け「セレナ用バックドアモジュール・外装軽量発泡成形品」の生産・納入開始
2017年 SUBARU「XV用外装軽量発泡品」の生産・納入開始